【口コミ・評価】ブリジストンB2 HTフェアウェイウッド~捕まり最強!右ミスさようなら!~

ゴルフクラブ
ヒポ
ヒポ

新作ブリジストンB2 HTフェアウェイウッドの試打したので、

発売前に口コミ・評価をお伝えします

本記事をオススメする方
  • ブリジストンB2 HTフェアウェイウッドが気になっている方
  • スライサーで捕まるフェアウェイウッドをお求めの方
  • ボールを上げてくれるフェアウェイウッドをお求めの方

今回は上記のような方に向けた『ブリジストンB2 HTフェアウェイウッド』の試打評価の記事になります。

上記のような方にとって、クラブ選びの参考になりますので、是非読んでみてくださいね。

この記事を書いた人

ヒポ

シングルゴルファーを目指すアラフォーリーマン

  • ドライバーヘッドスピード:40~43(標準的)
  • 持ち球:フェードをドローに変更中
  • 球の高さ:普通

\球が捕まって高く上がるブリジストンB2 HTフェアウェイウッド/
◆新品価格:¥36,960~

試打・口コミの結論

先に結論からお伝えすると、
『捕まり最強でボールを上げてくれる優しいフェアウェイウッド』です!

では、試打して感じたメリット・デメリットを紹介します。

メリット
  • 球がすごく捕まる為、右へのミスが激減
  • 球が上がりやすく、安心して振っていける
  • ドローの球筋が揃う
デメリット
  • 捕まり過ぎるのでフッカーに不向き
  • 球が上がりやすいので、球が吹き上がる人は不向き

以上の様に、スライサーやトップが多い様な方には頼もしい相棒になるでしょう。

反対に、左のミスが怖い人やボールが吹き上がる人は相性が悪いと感じました。

B2 HT フェアウェイウッドの試打評価

ヒポ
ヒポ

こちらではヒポが率直に感じたB2 HTウッドの評価です

総合評価:8.3点

  • 飛距離:8点
  • 捕まり:10点
  • 安定性:9点
  • 上がりやすさ:9点
  • 直進性:6点
  • 打感:8点

ブリジストンB2 HTフェアウェイウッドの総合評価の結果は、10点中8.3点といった評価です。

特に注目したい点は安定性になります。
B2 HTウッドは安定してドローを打てる点、球筋が揃う恩恵は大いにあるでしょう。

しかし、直進性はドローバイアスの為、真っすぐの球やフェードの球筋を打ちたい方は避けるべきでしょう。

\球が捕まって高く上がるブリジストンB2 HTフェアウェイウッド/
◆新品価格:¥39600~

ブリジストンB2 HTフェアウェイウッドの計測データ(計測者ヒポ)

ヒポ
ヒポ

それではB2 HTの計測データをお伝えします

クラブスペックとその他条件
  • ヘッド:ブリジストンB2 HTフェアウェイウッド 5W
  • ロフト角:18°
  • シャフト:VANQUISH BS50(中調子)
  • 弾道計測器:GARMIN Approch R10

▼計測データ▼

▼平均データ▼

ヘッドスピード(m/s)40.6
ボールスピード(m/s)56.4
スマッシュファクター1.38
打ち出し角度(°)13.6
打ち出し方向(°)-3.2
バックスピン(rpm)3930
サイドスピン(rpm)48.8
スピン軸の傾き(°)0.76
最高到達点(yd)26.0
センターからのブレ(yd)-13
キャリー(yd)189
総距離(yd)203

計測データは以上の様になってます。

ヘッドスピードは40.6でボールスピードは56.4になっており、成人男性の平均的な数値です。

また、スマッシュファクターも1.33で、アマチュアが参考に出来る数値と言えます。

では、続いて各データ項目を見ていきます。

▼飛距離▼

飛距離を見てみると、最大飛距離は215ydです。
平均キャリーは189yd・平均総距離は203ydで、捕まった球が飛ぶので飛距離は伸びるでしょう。
しかし、飛距離の幅を見ると約215yd~194ydに収まっており、多少のミスヒットでも極端に飛距離が落ち込みません。
以上の事から良く捕まる為、飛距離も安定して出やすいといった計測結果が出ました。

▼弾道イメージ▼

弾道イメージの結論として、球は上がりやすく左方向のドローかフックです。

◆許容性・球の上がりやすさ

まず、ボールの上がりやすさですが、上がりやすさを評価する『打ち出し角度』『ピーク時の高さ』を見てみます。

平均打ち出し角度は13.6°で、最高到達点は26ydです。
(一般男性ヘッドスピードに近いUSLPGAプロの最高到達点26yd)
以上の事から、数値を見ても球は上がりやすい事が分かります。

◆左右の弾道イメージ

以上の様に、B2HTの左右の弾道は左方向に捕まった弾道です。
ちなみに、フック・ドローを打てた割合は9割以上と非常に安定していました。

サイドスピン量を見ても、平均48.8rpm・多い時628rpmとサイドスピン量が低いことが分かります。

以上の事から、左右に捕まった球が安定して打てるフェアウェイウッドと言えるでしょう。

構えやすさ・デザイン

ヒポ
ヒポ

ここではデザインと構えやすさについてお伝えします

▼構えやすさ▼

構えやすさについては大型の丸いヘッドで構えた時に安心感があります。
特にクセはないので構えても悪いイメージを持つことはないでしょう。

また、上から見た時の印象としては少しフックフェースになっていました。

▼デザイン▼

デザインは黒をベースに赤白のロゴにワンポイントで黄色の文字・ラインが配色されています。
その為、オーソドックスで万人から受け入れられるデザインといった印象です。

クラブ情報

ヒポ
ヒポ

続いてヘッド・シャフトのクラブ情報をお伝えします

▼ヘッドテクノロジー

※ブリジストン公式ホームページより出典

テクノロジーとして『スリップバイトミーリング』が施され、インパクト時のフェース滑りを抑制。
実際に試打して感想は、確かに滑らない印象を受けました。
その為、スライサーには高評価を受けるのではないでしょうか。

▼クラブスペック▼

◆VANQUISH550シャフト

番手3番5番7番
ロフト角(°)151821
ライ角(°)5959.560
ヘッド体積(㎤)183161138
長さ(inch)4342.542
重さ(g)/バランス S309/D2313/D2特注
重さ(g)/バランス SR307/D2311/D2特注
重さ(g)/バランス R304/D2308/D2特注
素材ボディ:ハイパーマレージング鋼AM355、タングステンウェイト(8g)
クラウン:CFRP(Carbon Fiber Reinforced Plastics)
製法ボディ:ロストワックス精密鍛造、CNCミーリング、レーザー加工
クラウン:熱圧成型(CFRP部)
グリップゴルフプライド オリジナルラバーグリップ

※シャフトはVANQUISH以外にも3種類あります。
SPEEDER NX BSD40W、TENSEI Pro Blue 1K 50、SPEEDER NX BLACK 50

\更に詳細はブリジストン公式ホームページをチェック/

B2HT フェアウェイウッド | B Series | BRIDGESTONE GOLF -ブリヂストンゴルフ-(Bシリーズ) |
B1ST フェアウェイウッド | B Series | BRIDGESTONE GOLF -ブリヂストンゴルフ-(Bシリーズ) |

まとめ

ヒポ
ヒポ

最後までお読みいただきありがとうございました

B2 HTウッドをオススメできる方
  • 球が捕まらないスライサーの方
  • 球が低い・トップが多い方
  • ドローの球筋を揃えたい方
B2 HTウッドをオススメできない方
  • 球が捕まり過ぎるフッカーの方
  • ボールが吹き上がってしまう方

今回のは『ブリジストンB2 HTフェアウェイウッド』の口コミ・評価の記事でした。

先述でも解説している通り、ブリジストンB2 HTは捕まり最強クラスのクラブになります。
その為、スライサー・ドローで球を捕まえたい方にとって頼れる相棒になると感じています。

もし、スライスや球を捕まえたいといった悩みが解消されるクラブになるかもしれませんので、B2 HTを検討しては如何でしょうか。

この記事が皆様のウッド選びの一助になれば幸いです。

\球が捕まって高く上がるブリジストンB2 HTフェアウェイウッド/
◆新品価格:¥39600~

コメント

タイトルとURLをコピーしました